Roku hutaba

自慢の商品をお持ちの製造メーカーの皆さんへ

1. 全ては、「良いものを良い人へ」の思いから

「調剤ブランド」は、信公が提唱する考え方ですが、信公だけでどうなるものでもありません。

これには、「かかりつけ薬局」としての在り方を真剣に考える調剤薬局や、大量消費だけを目的とせず、 純粋に「良いものを良い人へ届けたい」という想いをお持ちの製造メーカーの協力が不可欠です。

信公がメーカーと一緒に考え、開発する確かな商品は、お客様との「コミュニケーションツール」としての役回りを担える商品であり、 また、先々、調剤薬局で手が掛からなくなる様な定番商品として息の永い商品を育てると云う重要な目的とその過程があってのものですから、 調剤薬局が一般市場と同じ土俵で競わなくて済む様にする為にも、他では買えない「良いもの」を紹介したいと考えている調剤薬局さんと、 自社商品に自信を持ちながらも、大量生産ではなく、希少性のある「良いもの」を 届けたいと思っておられるメーカーさんと一緒に、「調剤ブランド」を大きく育てて行きたいのです。

2. 大波小波の、急な動きのない穏やかな市場

売上至上主義の一般市場では、急に商品が人気になれば、突然、大量注文の大波が押し寄せ、その需要の波に対する更なる供給を要求され、 過失が無いにも関わらず勝手な機会損失とかの論理で、結果責任までも供給側に押し付けて来ることがあります。

反して、その様な大波対応ではなく、供給側の可能な範囲内での努力を尊重し、互いに相手の事を思いやりながら商品を育てて行くことを目的とする、 安定した商品の動き(微増)が見られるのがこの市場の一番の特長です。 何故なら、調剤薬局での陳列には制約があり、売り場の広い一般市場の様にどんっとエンドに積んで、大売出しをするといった様な事は出来ませんし、 週販幾つと云った数値だけで、商品を選別する様なやり方も馴染まない世界ですので、一時的な大量販売にはとても不向きです。

今の信公の特殊なシステムが維持されているのも、商品を知って頂く為に紹介はしても、売込みはせずに、 期限近く迄じっくりと紹介をしながら、商品力に任せて売れるのを見守って下さる、薬剤師さんの几帳面で 真面目な商品の取り扱い方のお陰です。その分、真に商品力が問われますが納得できます。

3. 商品の育成を目的に、皆でコラボ活動

信公では、時間を掛けて息の長い定番商品を育てて行く取り組みをしていますので、 ご希望のメーカーさんと一緒に店舗を回り、調剤薬局さんの実態を知って頂いています。 実際に製造に関わるプロだからこそ、現場での見聞きした貴重なご意見を商品開発に活かせたり、そこでこそ閃くアイデアがあったりします。

又、商品紹介の仕方として販売促進用のディスプレイ台を一緒に考えたり、 逆にメーカーさんの商品への熱い思いを調剤薬局のスタッフの皆さんに聞いて頂いたりしている事の一つ一つが、信公が「調剤ブランド」を提唱し、 信公の「仲間づくり」として取り組んでいる活動の一環で、調剤薬局と製造メーカーの距離を縮め、互いの理解を深められる様務めることで、 信公、調剤薬局、製造メーカー、三者のコラボレーションで商品を育てる活動と云えます。

4. 信公の「六双葉」とメーカーの「マーク」が一緒に並ぶ

信公が「調剤ブランド」での商品開発をお願いする時は、調剤薬局という特殊な市場に合わせて一緒に開発していきますが、 メーカーさん自身が自社製品として責任を持ち、また全国の調剤薬局に「調剤ブランド・メーカー」として広く認知される事を目的として信公が紹介することを強く意識して貰う為に、 商品の顔には六双葉マークと一緒にメーカーさんのマークも付けて紹介することで、 メーカーのPB商品という認識ではない一緒に育てて行くコラボ商品の「調剤ブランド」が生まれると考えます。

一方で、信公はメーカーさんの為に市場を整備し、調剤薬局市場に於けるOTC販売の考え方や、 システム構築に力を注ぎ、調剤薬局さんにその理解を得る努力をしていく役割を担うと考えており、 お取引頂いている全国約5000店舗の調剤薬局さんでは、OTC販売の在り方を更に追求しながら、 一般市場とは競わない独自の世界で、ちょっと違う存在感のある特殊な市場が展開されています。

この様な考え方で信公は常に良い商品を求めています。 「調剤薬局だけしか紹介しない」商品に少し魅力を感じ、面白いと思って頂き、 この市場や信公独自の商品展開の方法等に共鳴して頂けるメーカーさんのお声掛かりをお待ちしています。お気軽にご連絡下さい。

banner_1 「調剤ブランド」が生まれた背景
banner_1 製造メーカーの皆さんへ
banner_1 良いものを良い人へ